宇都宮DE図書館日記
本、音楽、映画、サイクリング、釣りなど徒然に
プロフィール

マルスフィッシュ

Author:マルスフィッシュ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブルース・ブラザーズ」から始まる音楽の旅 ①
映画「ブルース・ブラザーズ」は公開時に映画館で観て、その後TVの放映でも何度か観たのだが、最近は宇都宮市立図書館でDVDを借りて観ています。
この映画は主演のベルーシとエイクロイドの黒人音楽へのオマージュがあふれた出た作品で、観るたびに新しい発見があって何度も楽しめます。
最初に映画館で見た頃は、出演しているミュージシャンもレイ・チャールズ、ジェームス・ブラウン、アレサフランクリンぐらいしか知らなかったのだが、その後、ジョン・リー・フッカーやオーティス・レディングのバックを務めたMG’ズのスティーヴ・グロッパー、ドナルド・ダック・ダン(キヨシローとの共演もあり)などの存在も知ることになりました。
また音楽的にも、この映画やブルース・ブラザーズのアルバムから大きな影響を受けています。特に一番の収穫は、映画のスターティングで主人公の二人が刑務所からシカゴに向かうシーンのバックに流れる「シー・コート・ザ・ケティ」がお気に入りの1曲で、この作者にクレジットされるタジ・マハール(なんでインドの都市名)を知ることのなったのはこの映画のおかげでした。

宇都宮市立図書館で借りられるブルース・ブラザーズ関連
DVD「ブルース・ブラザーズ」「ブルース・ブラザーズ2000」
CD サントラ盤「ブルース・ブラザーズ」「ブルース・ブラザーズ2000」、「ベスト・オブ・ブルースブラザーズ」



スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。