宇都宮DE図書館日記
本、音楽、映画、サイクリング、釣りなど徒然に
プロフィール

マルスフィッシュ

Author:マルスフィッシュ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尚仁沢アウトドアーフィールド
 今日は久しぶりにフライフィッシングを楽しんできました。
 先日、古い友人キヨシローより連絡が入り、最近復活した尚仁沢アウトドアーフィールドのオーナーが後輩のアクツ君であることを知りました。この数年お休みしていたフライフィッシングだったのですが、二人の顔を見たかったので古いセージとラミグラスのロッドを引っ張り出して遊びに行ってきました。
 この尚仁沢アウトドアーフィールドは、自然豊かな山間の中にひっそりとたたずむシークレットポンドの雰囲気で、先先代のオーナー時代(10年ぐらい前)にはよく訪れて中禅寺湖用のフライのテストをしていました。このポンドから一山向こうには、私が渓流のフライを覚えた東荒川があり、反対側の山向こうには初めてルアーでトラウトを釣った東小屋瑚がありと、本当に思い出深い場所なので感激です。
 さて釣りの方はと言うと、比較的小ぶりだが元気のいいニジマスがコンスタントにアタックしてきてセージの5番ロッドで楽しむのちょうどよい感じです。しかし偶然かかってしまったドナスチ(ドナルドソンとスチールヘッドの合いの子?)にはびっくりしました。一度走り出したらとても5番ロッドでは止められない勢いで、結局ラインブレイクしてしまいましたが、次回はもっと太いティペットとフライを用意して訪れたいと思います。
 今後はキャンプ場やロッジも作っていく予定らしいので、一年を通して自然と遊べるフィールドになっていくと思います。のんびりとフライフィッシングを楽しみたい方には本当にお勧めです。
 
尚仁沢

スポンサーサイト
立川談志 逝く
 私の敬愛する落語家の立川談志師匠が逝ってしまいました。ここ数年ガンの再発から悪い状態が続いていたので覚悟はしていたのですが・・・
 以前にも書きましたが、私は小学生時代にTVの演芸番組で落語が好きになり、中学生で講談社文庫の「古典落語」を愛読、高校生の時には宇都宮アマチュア落語研究会の最年少メンバーになっていました。その研究会の主催で談志師匠の独演会を栃木会館で開いたのが、プロの落語を生で聞く最初の経験になったのです。
 当時研究会の前座扱いであった私は、会場の設営準備やもぎりなど雑用全般を命じられ大忙しでした。そして開演前に師匠のお茶汲みをさせて頂いたのです。目の前に師匠がいて思わず弟子入りしそうになりました。そうなっていたら私は志の輔師匠の兄弟子になっていたかも!その時の演目「品川心中」が、それからの私の落語を聞く基準になったのです。
 立川雲黒斎家元勝手居士に感謝!そして合掌!!
 
冒険王 南佳孝
 久しぶりに河内図書館に寄ってみたらお宝を発見できました。それは南佳孝の「冒険王」1984年発売
です。当時友人にレコードを借り、テープにダビングして聞いていました。いつしかその友人も海外に
転勤になり、テープも壊れてしまったため長い間聞くことができなかったのです。
 このアルバムは作詞家の松本隆氏が雑誌「冒険王」の世界観(ジュール・ベルヌや久生十蘭etc)を
イメージして全曲作詞した非常に完成度の高いコンセプトアルバムです。このアルバムはシングル
カットされヒットしたスタンダード・ナンバー(薬師丸ひろ子のカバーのほうが有名か)、素敵なパメラ、
冒険王など名曲揃いなのですが、個人的に思い入れが強いのが宇宙遊泳、peaceの2曲です。
 松本隆氏にはこのアルバムより更に10年前に、あがた森魚と組んだ「あぁ無情~レ・ミゼラブル」
という大傑作コンセプトアルバムがあるのですが、この話はのちほどに・・・




夢枕獏とジェイムズ・エルロイ
 今週宇都宮市立図書館で借りてきたのは、夢枕獏「天海の秘宝」上・下、ジェイムス・エルロイ
「アンダーワールドUSA」上・下、花村満月「裂」、立川志らく「らくご小僧」などなど
 夢枕獏さんは新作出すのもよいのだけれど、「キマイラ」を何とかして欲しいですね!
 今週の借り本は比較的重めなので、CDは落語中心に借りてきてます。最近お気に入りの10代目桂
文治「蛙茶番」「お血脈」、春風亭昇太の古典落語などを仕事帰りの車の中で聞いているのです。
最近の通勤パターンは行きはRBorロック、帰りは落語か癒し系ミュージック(ウクレレ、
沖縄系etc)が多いですね。
バニシングポイント
 今日は図書館で借りてきた「バニシングポイント」を観てました。
ベトナム戦争帰りで元警察官でもある車の運び屋が、薬の売人としたつまらない賭けのために、警察と
壮絶なカーチェイスを繰り広げた果て、ブルトーザーのバリケートに突っ込んで爆死するといった内容
の映画です。この作品はいわゆるアメリカン・ニューシネマの流れにある映画で、私にはこの時代の映画
が一番しっくり来ます。音楽もデラニー&ボニー&フレンズを筆頭に70年代の香り満載です。
 この作品以外に宇都宮図書館で借りられるアメリカン・ニューシネマは「真夜中のカーボーイ」「明日
に向かって撃て」「ワイルドバンチ」などがおすすめ!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。